FC2ブログ
  • このブログの過去記事ですが、 結構内容が古くなっていたり、当時と今とでは、私の感覚が違っていたりと、今読んでもあまり参考にならないようなところがあって、ちょっとどうしようかと思っていました。リンクが古いので、なくなっていたりしてますし・・・。そこで、過去記事を新しく書き直し、ホームページ上にアップしなおすことにしました。ついでにリンクも直しておきます。大きく内容が変わるものもあるかも知れません。 ... 続きを読む
  • 丹田についてはこれまでも書いてきました。>> 丹田ばかりが重要視される>> 氣歸丹田↑ココにも書いてありますが、まだまだ何度でもいくらでも書きましょう!!丹田に氣を落とす・・・、とばかりになんだか意識を集中したり、呼吸を整えたり、といろんな努力をする方がいます。実はそれがそもそも間違っています。意識を集中したり、呼吸を整えたりして、気を丹田に落とすなら、それは大概、いつも気が上がっている、というこ... 続きを読む
  • 前回、砲捶の打撃は、丹田が基点になっていない、と書きました。ほとんど多くの武術家が、丹田を重要として、意識し、何が何でも使おうとしています。ですが、砲捶は違います。ここにも、丹田至上主義の意味の無さが分かると言うものです。ちなみに、丹田というと、たいていの場合、丹田に意識を置いたままとか、丹田に力を入れたまま、何かしら動作をしようとします。いわゆる太極拳においても、丹田に意識を集中したままか、丹田... 続きを読む
  • 柔術的技法を稽古している人たちの中には、打撃系の武術を軽んじている人がいると聞きます。打撃よりも、柔術的技法のほうが難しいから、技術的には上だ、といったようなことです。こういった人たちの中には、打撃系の武術をそれまでやっていた人もいます。打撃系の武術をやっていると、投げ技や関節技を知りたくなってきます(私は順番が逆でしたが)。打撃系だけやっていると、投げ技、関節技がまず出来ないか、出来たとしても、... 続きを読む
  • 太極拳には、柔術的技法がたくさんあります。柔術的技法とは、突き蹴りではなく、摔法、跌法、擒拿法のことです。勘違いしている人も多いと思いますが、太極拳は拳法です。もともとは白兵戦技ですので、打撃は当たりまえです。打撃を学んでいない人が柔術的技法を行うと、なんだかいまいち上手く技が掛かりません。これは、相手からの打撃による攻撃を全く考えず、柔術的技法だけで相手を倒そうとするところにあります。この場合、... 続きを読む

sagamisoubukai

相武会の館長、齋藤といいます。
武術が好きで古流剣術から始まり、
古流柔術、沖縄空手、中国武術を学んできました。
良い師匠にも恵まれました。
初動負荷に出会って、技の理論も研究しています。
今、技が分からなくて(出来ない)いろいろと疑問を持ち、悩んでいる人には、
その答えを示せるかもしれません。