FC2ブログ
  • 古流柔術の型稽古では、いくらやっても技が掛からない、と言うことが多くあります。やればやるほど、稽古すればするほど、相手は技に抵抗しやすく、掛けづらくさせることができます。当たり前の話ですね。胸倉を捕るにせよ、打ち掛かるにせよ、掛けられる側は、どのような技を掛けられるか分かっているのですから、あらかじめそれに対応した、胸倉捕り、打ち掛かり、をしてしまいます。これは無意識で行われます。通常の日常がおく... 続きを読む
  • 太極拳の套路にある「単鞭」ですが、これって套路の中で何回も出てきますね。それだけ重要な型なのでしょう。もしくは有用なものであるのか。相手の体側に付いて、崩し投げる動作は、しょっちゅう見かけることと思います。ココでは、左腕を動かすことなく、逆に右拳を意識した動きや、架式で倒すことをやってみました。それではどうぞ。。↓↓ View this post on Instagram 単鞭の使い方と、投げ技、打撃の共通点に... 続きを読む
  • 前回の記事では、横へ崩して投げていました。今回は、同じ崩し方ですが、そのまま後ろへ相手を転がします。それではどうぞ。。↓↓ View this post on Instagram これは少し難しい倒し方かも知れません。前回の動画と同様、少し相手に近寄る事で崩し、そのまま尻もちをつかせるように倒します。 #投げ技 #倒す #太極拳 #技#崩し#厚木 #相模原 #相武会 Shin-ichi Saitouさん(@sagamisoubukai)がシェアした投稿 - 20... 続きを読む
  • 以前、腕をつかまれて、殴りかかられる、といったような状況を考え、やってみましたが、→ こんなに簡単に投げることが出来ます。これをちょっと変えて、胸倉を掴まれ、殴りかかられる。そんな状況がある人って、そもそもあまりいないと思うんですけど、稽古として、やってもいいかなと。と思い、適当にやってみました。↓↓ View this post on Instagram 殴りかかられる時の投げ技。今回は殴りかかった腕ではなく... 続きを読む
  • 胸倉を掴まれた状態の稽古は、どの流派にも、どの武術にも、だいたいありますね。いろんなやり方があり、それぞれ面白いのですが、今回はその中でも、一番簡単で、すぐに出来そうなものをやってみました。それではどうぞ。。↓↓ View this post on Instagram 胸ぐらを掴まれ持ち上げられた時の対処法。手を添えて下がるだけです。添えた手で押し下げているのではありません。ただ添えるだけ。後ろへ下がっていけば... 続きを読む

sagamisoubukai

相武会の館長、齋藤といいます。
武術が好きで古流剣術から始まり、
古流柔術、沖縄空手、中国武術を学んできました。
良い師匠にも恵まれました。
初動負荷に出会って、技の理論も研究しています。
今、技が分からなくて(出来ない)いろいろと疑問を持ち、悩んでいる人には、
その答えを示せるかもしれません。