FC2ブログ
  • 空手の立ち方で、ナイハンチ立ちというものがあります。つま先を内側に向けて、ハの字型に立つのですが、実はこれもしっかりと立つものではありません。(断言してもいいかも・・)ナイハンチの型においても、運足は、軽く、やわらかく、緩めて、力まず、です。と私は思っていますし、指導するときも、そのように教えています。さて、鶴拳、という拳法があります。食鶴拳の掌門人(宗家)、台湾の劉銀山先生から、私の師匠は縁あっ... 続きを読む
  • 「しっかり立ってはダメ」の追記です。しっかり立ってはダメ、と書きましたが、武術を習い始めたばかりの初心者であれば、話はちょっと変わってきます。ますは少林拳系や、長拳系、もしくは空手等で、基本的な武術的素養を身につけることが大事です。少林拳系や長拳系は、見た目に分かりやすく、体を大きく伸びやかに動かし、また、右、左、前、後ろ、といった直線的な演舞線上で、左右均等にバランスの取れた動作を身につけること... 続きを読む
  • 立ち方についてです。しっかりと立つことは、基本であり、必須である、と思っている方が多いでしょう。これも語弊を恐れず言わせてもらえば、しっかりと立ってはダメ、です。。対人練習をするとき、技を掛ける側が、技をかけようとするときに、しっかりと立とうとする、これだけでもう、この技は力ずくの技になります。よくあるのが、技をかけようとするとき、しっかりと立ちたいという気持ちから、2~3度、足踏みしてしまう、い... 続きを読む
  • 立ち方についてもうちょっと書きます。両足の足刀側を平行にして立ちます。空手の前屈立ちや、猫足立ちのように、後ろ足が外に開いて斜めになっていません。これが大きな特徴です。他の太極拳では、例えば、攬扎衣のとき、伸ばした後ろ足のつま先が外に向いています。つまり八の字になっているのですね。私が習得している陳氏太極拳では、これはやってはいけない形として、徹底的に修正します。弓歩にしても、同様で、アウトエッジ... 続きを読む
  • 前回の「架式は高い?低い?」の続編です。架式を低くすることは柔軟体操のため、と書きました。足腰の鍛錬ではない、と。。ですが、架式を低く練習していれば、結局のところ、足腰の鍛錬をしているではないか!という意見も聞こえてきそうですね。さて、どうでしょうか?・・・・。説明しましょう。例えば、擺脚跌岔→金鶏獨立のときに、一度完全にペタッとすわり、そこから立ち上がって右手右膝を挙げますが、座った状態から立ち... 続きを読む

sagamisoubukai

相武会の館長、齋藤といいます。
武術が好きで古流剣術から始まり、
古流柔術、沖縄空手、中国武術を学んできました。
良い師匠にも恵まれました。
初動負荷に出会って、技の理論も研究しています。
今、いろいろと疑問を持ち、悩んでいる人は、
その答えを示せるかもしれません。