FC2ブログ
  • 開脚については、以前紹介しました。▼▼開脚ハイキックが出来るようになるためには、実際に蹴る状態を作ってからやるほうが良く、いわゆる、座った状態での開脚ストレッチは、あまりやっても意味が無い、と書きました。私の場合は、ハイキックが目的ではなく、柔軟性向上のため、ですが、それでも、座った状態での開脚ストレッチはもうほとんどやっていません。(もちろん、ちゃんとした理由があってのことです。逆に硬くなる可能性... 続きを読む
  • 二起脚です。↓ View this post on Instagram 二起脚。二段蹴りですね。前から撮影すると、よくわからなかった・・・。 #太極拳教室 #太極拳#厚木市武術 #武術指導 #荻野運動公園体育館 Shin-ichi Saitouさん(@sagamisoubukai)がシェアした投稿 - 2018年 9月月22日午後2時34分PDT 斜めからも撮影しました。↓ View this post on Instagram 二起脚。前からではよくわからなかったので、斜めから撮... 続きを読む
  • 「高蹴り」を動画で紹介します。つまりハイキックです。柔術の実技稽古前に行っていた、準備体操も兼ねた稽古方法です。本来は、天井などからボールなどをつるし、自分の身長よりも高い位置にセットし(180cm以上の高さ)、それを蹴る稽古。ここでは、ただ単に高く脚を上げるように蹴っています。 View this post on Instagram ハイキックの稽古。通称「高蹴り」と呼んでいました。道場では、天井からゴルフボー... 続きを読む
  • 昨日の一人稽古で、ちょっとおまけを撮影。クーサンクー大の二段蹴りです。 View this post on Instagram 沖縄小林流空手からクーサンクー大の二段蹴り。やっぱこれはカッコいいかなと。希望者には、沖縄小林流空手の型を指導致します。ちなみに私は四段です。 もちろん陳氏太極拳も学べます。 #沖縄小林流空手 #クーサンクー #空手型 #太極拳教室 #厚木市武術 Shin-ichi Saitouさん(@sagamisoubukai)がシェアした... 続きを読む
  • この前、蹴りの記事をアップしました。そのときインスタの動画も載せました。詳しくは→昨日の一人稽古で。擺脚、擺脚跌岔、十字脚、転身擺脚。(また、コレのほかにも右挿、左挿、旋風脚)これらの蹴りですが、ある共通点があります。それは、年をとったとしても、身につけた蹴りの速さがあまり変わらない、という事です。速さが変わらなければ、体重がちょっとくらい減っても、威力は変わりませんね。つまり、年をとっても使える... 続きを読む

sagamisoubukai

相武会の館長、齋藤といいます。
武術が好きで古流剣術から始まり、
古流柔術、沖縄空手、中国武術を学んできました。
良い師匠にも恵まれました。
初動負荷に出会って、技の理論も研究しています。
今、いろいろと疑問を持ち、悩んでいる人は、
その答えを示せるかもしれません。