FC2ブログ

太極拳套路を学ぶコース。

太極拳套路を学ぶコースの説明です。



正式には、

「陳氏太極拳 老架 頭套十三勢」

(ちんしたいきょくけん ろうか とうとうじゅうさんせい)といいます。

陳氏十七世 陳發科(ちんはっか)宗師 嫡傳です。



系譜は、

陳發科宗師 - 潘詠周(はんえいしゅう)師公 - 山﨑寛先生 - 齋藤真一(私) です。


(頭套拳が終了した後、希望者は二套砲捶も続けて学べます。)




老架は、

六十四式、十三勢あります。



式、というのは、一つ一つの型です。

例えば、運手といえば、手を左右に動かし、歩を左へと進む動作で、これで一つの式です。


定式とは、式の最後に一定の形になったときの姿勢のことです。
(説明が分かりづらいね・・・)

運手で言えば、右手が上。左手が下、左足虚歩、両足は肩幅くらいに立っている姿勢です。


勢(せい)とは、いくつかの式が集まって、ひとつの勢になります。

例えば、第一勢は、太極起勢と金剛搗碓の2つの式で構成されています。

第八勢は15個もあります。


と、こんな具合に、結構長い套路ですので、

覚えるのが大変かもしれませんが、

同じ動作の繰り返しがありますので、なんとかなるでしょう(笑)。

動作の順番も、意味のあるものですので、

最初から丁寧にやれば、無理せず身に付けられるものです。



何かしら武術を経験されている方であれば、

直ぐに取り組むことが出来ます。


いままで武術をやったことが無い初心者であれば、

一式ずつ丁寧に繰り返すことによって、

太極拳独特の動きを徐々に身につけます。



対象年齢は、

武術経験ありの高校生以上か、

ぜひともやってみたい!という意欲のある大人、です。

健康な高齢者の方でも取り組めます。





と、ココまでは良くある募集要項ですが、

ここからちょっと本音で行きます。


太極拳で健康になるから始めたい、という方がいらっしゃいます。

ですが、健康になるかならないかは関係ありません。

もし、全く運動をしていない人で、

一応健康を保ち、50歳くらいまで(?)であれば、

太極拳を練習すれば、健康に少しは寄与するかもしれません。

もちろん、無理をすれば、逆に体の破壊行為です。



太極拳をするから健康になるのではなく、

健康だから、太極拳が出来る、

というほうが正しいでしょう。



ですから、60歳以上で、何も運動してこなかった方が、

突然太極拳を始めるには、注意が必要です。

もし、私が指導する場合、

簡単な補助動作から始め、

徐々に一式ずつ、それも一部だけとか、

そんな感じで行います。


套路全てが終わるまで、

何年かかるか検討もつきませんが、

やりがいのあることと取らえられる方であれば、

続けられるでしょう。



また、武術経験が全く無い小学生が、

いきなり太極拳を習うことは出来ません。


昔、陳家溝(太極拳発祥の地)では、

最初は少林拳や長拳系(査拳、華拳、十路弾腿等)を学び、

ある程度実力を身につけ、

15歳~17歳になってからやっと、太極拳を学ぶことが出来ます。
(現在はどうだか知りません。陳家溝も今や観光地化していますので・・)

逆に言うと、

小さい子が太極拳をいきなり学んでも、

なんだか良く分からないため続かない、

と言ったところでしょう。



ですから、

対象年齢は、高校生以上としています。







・・・・・。







と、

ここまで読んだらやる気が無くなるかもしれませんね。

もしそれでも習いたい!という方がいらっしゃいましたら、

まずはお気軽に見学にお越しください。

メールにて事前にお知らせいただければ、
こちらも気持ちの準備が出来ます(笑)。



詳しくはこちらから→ 募集要項へ



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sagamisoubukai

相武会の館長、齋藤といいます。
武術が好きで古流剣術から始まり、
古流柔術、沖縄空手、中国武術を学んできました。
良い師匠にも恵まれました。
初動負荷に出会って、技の理論も研究しています。
今、いろいろと疑問を持ち、悩んでいる人は、
その答えを示せるかもしれません。