FC2ブログ

槍について。

槍です。

太極拳の槍、というか、中国武術の槍の基本操作です。





続きです。
View this post on Instagram

槍の続きですよ。

Shin-ichi Saitouさん(@sagamisoubukai)がシェアした投稿 -






槍の動作は剣ほど多くありません。
10個ちょっとだったかな?
それでもそのうちの5個くらいに習熟すれば、
もう、ほとんど達人になれる、とおっしゃっていました。
なぜなら、それほど稽古する人がいないからです。


まあ、地味、ということですね。


それに比べて剣は多彩です。
いろんなやり方がありますので、
流派も多いですね。


やり方が多い分、
どれをどのくらいやるかでは、
優劣はなかなか決まりません。


その点、槍なら、
10個ちょいの決まった動きしかありませんので、
稽古しやすいです。


問題は続くかどうか、ですね。
地味なもんで・・・。





さて、
インスタの説明でも書きましたが、
槍の練習でつかう棒は、
なるべく軽いものでやります。


まずは正しい動きをしっかりと身につけます。
その後、少しずつ重くして、力をつけます。


これを逆にすると、
正しい動きが身に付けられない、
と言うことでした。


力を先につけてしまうと、
技が身につかないということです。


これは、長い中国武術の歴史上、
槍法についての試行錯誤があり、
その結果、軽いものから稽古することが最良と分かったわけです。


私が動画で使っている棒(棍)も、
かなり軽いです。


これを知らないようですと、
教える資格はありませんよね。


套路をいくら知っていようとも、
全くの無駄になってしまいます。





相模原市内、厚木市上荻野で稽古やってます!
興味のある方はご連絡ください。





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

sagamisoubukai

相武会の館長、齋藤といいます。
武術が好きで古流剣術から始まり、
古流柔術、沖縄空手、中国武術を学んできました。
良い師匠にも恵まれました。
初動負荷に出会って、技の理論も研究しています。
今、いろいろと疑問を持ち、悩んでいる人は、
その答えを示せるかもしれません。